『洋楽事始メ』公開稽古9月24日

_DSC4603_DSC3204_DSC3206_DSC3233_DSC3238_DSC3408
_DSC3451_DSC3542_DSC3562_DSC3569_DSC3837_DSC3852
_DSC3861_DSC3879_DSC3902_DSC3917_DSC3952_DSC3975
_DSC3988_DSC4012_DSC4028_DSC4051_DSC4131_DSC4165

『洋楽事始メ』公開稽古9月24日, a set on Flickr.

24日に行われた公開稽古の様子です。

『洋楽事始メ』~音をめぐる音さがしの聞く演劇~

作・演出 平松れい子
【出演】田中夢、熊谷知彦、Morry Burns、平松れい子
【楽曲提供】オオルタイチ Joseph Nothing
【衣装】さとうみちよ(Gazaa)
【制作】試聴室
【企画】ミズノオト・シアターカンパニー+試聴室
【会場】黄金町・高架下新スタジオ (定員:各回50名)
【日程】
〈公開稽古 x ワールドカフェ〉9月24日(土) 19:30開演

〈第1回上演〉
10月14日(金) 20:00開演
10月15日(土) 19:30開演

〈第2回上演〉
11月3日(木・祝) 19:30開演
11月4日(金) 20:00開演
11月5日(土) 19:30開演

※開場は開演の15分前です。

【料金】
前売り 2,500円 当日 3000円
公開稽古 x ワールドカフェ 1,000円

【ご予約・お問い合わせ】
希望日時と枚数、お名前と連絡先メールアドレスと電話番号をご記入の上、メールを下記のアドレスまでお送り下さい。
live@koganecho.net (試聴室)

AAPA公演 outskirts

outskirts

フライヤーと美術を担当しています。
明日神戸入り!

9月2日(木)19:30 開演(19:00受付開始 19:20開場)です。

『outskirts』(アウトスカーツ/英語で「街外れ」の意味)は、普段は東京近郊で活動する
AAPA(アアパ/Away at Perfoming Arts)のメンバーが、昨年8月に風力発電所でガイドと
パフォーマンスを行うために滞在した淡路島での共同生活で感じた、「自分たちの生活習慣」を
テーマにした作品です。
この新作となる『outskirts』の創作プロジェクトとして、AAPAは拠点とする東京近郊を離れ、
2010年の8月から9月にかけて関西の3つの地域(淡路島・大阪・神戸)でワークショップや
ショーイングを行い、作品内容を練り上げていくことを目指します。

<プロジェクト概要>
【淡路島】 ①公開リハーサル、②ワークショップ
①: 8月18日(木)・19日(金)/南あわじ市福良港周辺で実施予定 (※詳細はお問い合わせください)
②: 8月27日(金)・28日(土)両日19時~21時/福良地区公民館(南あわじ市福良甲512-2)/料金500円

【大阪】 『outskirts(抜粋)』(C.T.T大阪事務局公募企画 8月試演会参加)
日時: 8月24日(火)・25日(水)19時開演(18時受付開始・開場)
料金: 950円
会場:ウイングフィールド (Click!)
(〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6階、TEL:06-6211-8427)
出演者/スタッフ:
[構成/演出] 上本竜平
[ダンス] 永井美里、朝弘佳央理、足立七瀬
[環境音響] 國府田典明

【神戸】 『outskirts』新作ショーイング (NPO DANCE BOX 公募企画 Under the Worklight (作業灯のもとで)にて)
日時: 9月2日(木)19:30 開演(19:00受付開始 19:20開場)
料金: 1500円
会場: ArtTheater dB 神戸  (Click!)
(〒653-0041 神戸市長田区久保町6丁目1番 アスタくにづか4番館4階、TEL: 078-646-7044 )
出演者/スタッフ:
[構成/演出] 上本竜平
[ダンス] 永井美里、朝弘佳央理、三枝はな、足立七瀬
[環境音響] 國府田典明
[美術] 青木祐輔
[映像装置] 景山泰孝
[衣装] 松下沙花

フライヤー (Click!) (Click!)

■AAPA (Click!)
AAPA(アアパは2004年の活動開始以来、通常は都市の劇場の中で行われる舞台作品を、
様々な地域の生活環境を背景に創作・上演する試みを続けている、多分野のメンバーで
構成されたパフォーミング・アーツカンパニーです。
AAPAは活動を通じて、普段は劇場や舞台と距離がある、人や場所との接点を積極的に
作り出すと同時に、創作する舞台作品を通じて、様々な生活環境の潜在性を掘り起こすことを
目指しています。

骨王

IMG_1107IMG_1109IMG_1106

2009.10/17.18志太お茶の香演劇祭2009「藤枝の文学〜小川国夫先生追悼公演」での一コマ
撮影は先に紹介したオムニバス映画「デルタ」の『マグレブ、誘惑として』の監督である与那覇政之氏です。

この時の演目である小川国夫原作「骨王」をイメージした絵です。
受け付け開始から開場までの約45分間、お客様をアートでお出迎えという趣向です。
意外と時間が余って書き終えてしまいました。が、いま見るとまだ書き込み足らない部分いろいろ見えてきます。